金利は必ずチェックしよう!キャッシングの賢い活用法

HOME>Topics>便利だけど危険?キャッシングの知っておきたい注意点

便利だけど危険?キャッシングの知っておきたい注意点

貯金箱

キャッシングは金利をチェック

クレジットカードやカードローンを利用してキャッシングを行なう方も多いです。手軽さと便利さを兼ね揃えているキャッシングは一度利用すると使い勝手の良さにもう一度利用しようとする癖がついてしまうこともあるため注意が必要となるのです。またキャッシングを利用するのであれば金利にも気をつかって利用するようにしましょう。

ウーマン

負担が大きいのなら

もし金利を気にせずキャッシングを利用して、返済の負担が大きいと感じている方がいるのであればカードローンの借り換えを行なうといいでしょう。借り換えは住宅ローンなどで行なう方が多いのですが、実際はカードローンで行なうことも可能となっています。借り換えを行なうメリットも多数あるため、次にそのメリットを紹介していきます。

円

借り換えのメリット

カードローンの借り換えメリットの一つに金利を下げることが出来るという部分があります。現在利用しているカードローンよりも低金利のカードローンに借り換えることで、毎月の支払いの負担を減らせるのです。しかし借り換えの場合は再度審査を受けなければならないというデメリットも同時に存在するので気をつけましょう。

財布

借り換えが向いている人

カードローンの金利が高いと感じている方で、なおかつ利用しているカードローンが一社だけという条件に当てはまる方は借り換えをおすすめします。借り換えを行なうことで負担を軽減できますし、返済期間も短くなる可能性が高くなるのです。ただし借り換え時は今よりもよいカードローンを見つけてからでないと借り換えのメリットを得ることが出来なくなってしまうので注意しましょう。

キャッシングで注意すべきポイントリスト

  • 借りる目的を明確にする
  • 計画的な返済プランを立てる
  • 利便性の高いキャッシングを利用する
  • 金利をしっかりと比較する

自分好みで選ぶ

カードローンにもいくつかの種類があります。その中から自分に合っているカードローンを見つけ出して利用していきましょう。銀行や消費者金融、信販会社などでもそれぞれ特徴が変わっているので比較してみるのもカードローン探しに有効的ですよ。

カードローンの種類

電卓

銀行カードローン

銀行カードローンの場合は金利が低い代わりに審査が厳しいという判断がされています。また投資額も多く多額の融資を受ける場合はより金利が低くなることもあるようです。

消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは審査が通りやすい、申し込みから利用までの期間が短いというメリットを持っています。金利は他のカードローン同様か少し高めに設定されていることが特徴的となっています。

信販カードローン

信販カードローンだと商品によって金利が低く設定されているものもあります。特徴的な部分としては限度額が50万円を超えると収入証明書が必要になるケースが多いという点となっています。

借り換え以外の方法

借り換え以外の方法でもカードローンの負担を減らすことが出来ますよ。いくつかの条件がありますが、それをしっかり守っていればその方法を使ってカードローンを楽にすることが出来るようになるのです。

借り換えとおまとめの比較

借り換え

借り換えの場合は利用中のカードローンが一社だった場合に行なえるものとなっています。簡易的に言うとカードローンの乗り換えのようなものとなっているので、次に利用するカードローン選びが重要となるのです。

おまとめ

おまとめは複数のカードローンを利用している方が一つのカードローンにまとめることを意味しています。返済の効率化や低金利化にすることが出来るメリットがあるため、多くの方々の間で行なわれているのです。